Event is FINISHED

世界の小豆食べくらべパーティー 新小豆編

Description
世界に「Azuki=小豆」の輪を広げていきたい!


第二弾のテーマは、「 令和元年産 新豆(ヌーボー)初お披露目」です。


同じ畑で採れる小豆でも、毎年、味が違うのをご存知ですか?


イベント当日に新豆が間に合う小豆さんは、平成30年度(昨年)産と、令和元年(今年)産の両方、新旧をならべて食べ比べていただけます。


品種ごとの違いだけでなく、同じ産地、同じ品種でも、新と旧で、違った味になるこの時期ならではの味を、ご体感ください。


食べくらべる小豆の例

 ○ 十勝清水町 森田農場産 きたろまん
 ○ エリモショウズ
 ○ 丹波大納言
 ○ 幸福小豆
 ○ とよみ大納言
 ○ 豊祝
 ○ カナダ産小豆
 ○ 中国産小豆

全8種。
それぞれ新旧(本年度産の新豆と昨年度産の豆)を揃える予定です。 
産地の都合により、イベント当日、新小豆が届かない場合は、昨年度産のみのご提供となります。

さらに
「しらすどら焼き」
「ビーガン・グルテンフリーの新作小豆カカオ菓子バー」
「赤ワインとフランスパンに合うドライフルーツ羊羹」
も、食べ比べのあとに、歓談していただきながらめしあがっていただけます。


【開催概要】
・タイトル  『世界小豆食べくらべパーティ- 新小豆編』
・開催日    2019年11月30日(土)
・開催時間   13時から15時 (受付開始12時45分)
・場 所    キッチンスタジオ クスクス
        〒141-0022 品川区東五反田2-3-3 東五反田AMビル8階
         http://ksks.tokyo/access
・参加費用   1,000円
・定員 40名
・お申し込み方法 peatix内の該当するイベント欄ページにて「参加」手続きをおねがいします。


【イベント内容】
・ブラインドで、ゆで小豆の食べ比べクイズ
・クイズ答えあわせ
・自己紹介を兼ね、味についての感想発表
・世界に小豆をひろげるためのクラウドファンディング「どら焼き学校オンラインスクール」のご案内と、ご協力のお願い。
・国際小豆協会設立にむけて、趣旨説明。
・餡菓子,ワインなどを召し上がりながらのフリートーク


【開催趣旨】
小豆を世界に!
そのためには、「小豆」にも、日本酒やワインのように微妙な味や香り、舌触りを表現して評価する試みが必要と考えました。
国内、そして海外の小豆を食べ比べ、どれが良い悪い、ではなくて、それぞれの小豆の良さを表現する試みを行います。
そして、家庭でも手軽に小豆を炊いていく上でホットクックなどの最新機器を使いながら、どこの評価を深めればいいのかを検討します。
小豆に関心のある方たちで集まり、「Azuki=小豆」のこれからをわいわい語り合い、つながりを広げる会とします。
また、小豆に関心のあるみなさまに、「世界に小豆をひろげるためのプロジェクト」をご説明させていただき、クラウドファンディングのプロジェクト進行へのご協力を仰ぐ場とします。


【余興コーナーにもご参加ください】
あなたの大好きな、おすすめの餡菓子を、ご持参いただけませんか(ご参加者様にてご負担ください)。


【第一弾パーティーの様子】
7月におこなった、第一弾は、ご参加者様38名様におこしいただき盛況のうちにおわりました。

開催報告はコチラ↓
https://www.azuki.tokyo/compare_to_eat_azuki_event/


【お問合せ】
こちらのフォームからお問い合わせメール送信ください。
https://www.azuki.tokyo/contact/
件名「11/30のイベントについて」とご記入のうえ、内容送信ください。


【共同主催】
azuki magazine
株式会社A-netファーム十勝(森田農場)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#493666 2019-11-12 08:26:00
Sat Nov 30, 2019
1:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
キッチンスタジオ クスクス
Tickets
一般参加 SOLD OUT ¥1,000
ご招待客様 FULL
Venue Address
品川区東五反田2-3-3 東五反田AMビル8階 Japan
Organizer
azuki magazine
43 Followers
Attendees
31

[PR] Recommended information